ITサポーターTsuchida

CSV TO CSV(CSV変換ツール)

CSV変換ツールを作成した理由

ネットショッピングでの注文が増えたが、ショッピングサイトの注文データをダウンロードしたCSVファイルが、ショッピングサイトごとにCSVファイルのレイアウトが異なります。企業では独自に受発注システムではデータの取込として、取込用のCSVファイルのレイアウトがあり、各ショッピングサイトの異なるCSVファイルを、企業の取込用のCSVファイルのレイアウトに手軽に変換できるCSV変換ツールを作成しました。

まずは、取込用のCSVファイルのレイアウトを標準レイアウトとして作成します。その標準レイアウトにに合わせて、ショッピングサイトからダウンロードしたCSVファイルのタイトル行を見ながら、ショッピングサイトごとのパターンファイルを作成します。パターンファイルからダウンロードしたCSVファイルを受発注システム取込用CSVファイルに変換します。次回からパターンファイルを選択するだけで、変換が可能になります。

なおパターンファイルに、日付や日本語のデータタイプや文字数を指定すると、指定した条件で編集するように作成しました。受発注システムがオフコンでも対応ができます。

列の入れ替えや削除、列を挿入して固定データを入力していた手作業が解消できます。

事例はこちら

CSV変換ツールの特徴

  1. 動作環境
  2. ・プログラム言語は、VB.NETを使用

    ・OSはWindows10で動作確認済

    ・ExcelはExcel2007以上がインストールされていること

    ・入力のCSVファイルの文字コードはシフトJISでタイトル行が必要。出力の文字コードもタイトル行は要・不要の指定可能

  3. 標準レイアウトによる汎用性の高さ
  4. 標準レイアウトに、取込用のCSVファイルのレイアウトを登録します。標準レイアウトが受注データ用、発注データ用をそれぞれ作れば1つのプログラムでどちらも動作します。標準レイアウトとダウンロードしたCSVファイルがあれば、どんなCSVファイルも取込用のCSVファイルに変換できます。

  5. パターンファイルがExcelファイル
  6. 標準レイアウトを作成する際に、標準レイアウトはExcel2007以降の形式です。そのため入力が簡単です。取込パターンのレイアウトが変更になったときは、登録したパターンファイルはExcelファイルなのでメンテナンス作業も簡単です。

  7. 企業ごとにカスタマイズします
  8. ツールは用意されている機能を使うものですが、企業ごとに細かなニーズには対応できないものです。このツールは基本機能に企業ごとのニーズを付加するように作りこみをいたします。

CSV変換ツール(CsvToCsv)のイメージ

  1. フォルダ内にある、CsvToCsv.exeをダブルクリックして起動します。

  2. 起動画面が表示されます。最初の画面は標準レイアウトでの取込画面になります。
  3. (標準レイアウトの事前登録は必要です)

    取込パターンが既に作成されている場合は、この段階で取込パターン名をコンボボックスから選択します。

  4. 変換したいCsvファイルを[参照]ボタンをクリックして選択します。今回は楽天からダウンロードしたCsvファイルです。

  5. Csvファイルが読み込まれると、Csvファイルの1行目がコンボボックスにCsvファイルのタイトル行が選択できるようになっています。

  6. コンボボックスから取込用CSVファイルの各項目に割り当てる名前を選択します。コンボボックスから名前を選択すると列番号の数字が変わります。なお、コンボボックスで空白を選択しますと固定値データの文字がCSVファイルに出力されます。

  7. 画面で設定した編集パターンを保存したい場合は、[パターン登録]ボタンをクリックします。

  8. 登録したいパターン名を入力します。ただし、既に登録されているパターン名は使用できません。

  9. パターン名が登録されますと、登録パターン名のコンボボックスに追加されます。

  10. [CSVデータ作成]ボタンをクリックしますと、受発注システム用取込CSVファイルが作成されます。

  11. すべての作業が終了する場合は、[終了]ボタンをクリックします。


ネットショッピングからの注文データの取り込みに苦労されている企業の担当者はぜひご相談ください。

CSV変換ツールの問い合わせはこちらをクリックしてください

CSV変換ツールのお試し版を作成しました。初回実行後1カ月間はCSV変換ツールの全機能が使えます。実際に使ってみたい方は下のzipファイルをダウンロードしてください。zipファイル解凍後にEXEファイルを起動すれば、CSV変換ツールは動作します。

CSV変換ツールのダウロードはこちらをクリックしてください



CSV変換ツールの活用事例

下村企販株式会社様

下村企販株式会社様は、新潟県燕市にある会社で便利なキッチン用品を中心に生活雑貨を企画販売をしている企業です。

下村企販株式会社様のホームページはこちらです。

下村企販株式会社様は楽天市場でエルルショップとして出店しています。

エルルショップのショッピングサイトはこちらです。

エルルショップの注文データをオフコンの業務システムに取り込む際に、CSV変換ツールを使ってデータ変換します。

ショッピングサイトの注文データと業務システムの出荷データをマッチングして、配送会社の送り状システムにデータを送り、送り状納品書一体型伝票を出力します。入力業務だけでなく出荷業務にも効率化できました。

株式会社ユウキ様

株式会社ユウキ様は埼玉県さいたま市でケーキオーナメントなどを製造販売している企業です。

株式会社ユウキ様のホームページはこちらです。

株式会社ユウキ様は、WebクラウドのBカートを利用して受発注システムを導入しました。

株式会社ユウキ様のBカートのECサイトはこちらです。

ただし、売上・販売管理はパッケージの弥生販売を継続して利用します。Bカートの受注データを弥生販売に取り込むことができるように、CSV変換ツールを使ってデータ変換します。

Bカートの受注データを弥生販売に取り込むことができるように、CSV変換ツールを使ってデータ変換します。

Bカートの受注データを各運送会社の取込データの 変換にも利用して、加えて各運送会社の出荷完了データをBカートの取込データの変換にも利用していただいています。